喫煙とインプラント治療の関係

喫煙とインプラント治療の関係

青山一丁目麻布歯科です。
本日は喫煙とインプラント治療の関係についてお話しします。

 

『1. ニコチンの血管収縮効果』

ニコチンには血管を収縮させる作用があります。
このため、インプラント周辺の血流が悪化し、酸素や栄養素の供給不足が生じます。
これにより、インプラントの定着が難しくなり、治療効果が低下する可能性があります。

 

『2. 一酸化炭素の酸素運搬阻害』

喫煙時に放出される一酸化炭素はヘモグロビンと結合し、体全体への酸素の運搬を妨げます。
これがインプラントの定着や治癒過程を遅らせる要因となります。

 

『3. 白血球機能の低下』

ニコチンには白血球の機能を低下させる作用があり、これが感染症や炎症の悪化を引き起こす可能性があります。
インプラント周辺の炎症には特に注意が必要です。

 

『4. 細胞増殖の抑制』

喫煙は傷ついた部位の回復に必要な細胞の増殖を妨げます。
インプラント手術後の治癒が遅れるリスクがあるため、喫煙は避けるべきです。

 

『5. 唾液の減少と口内乾燥』

喫煙により唾液の分泌が減少し、口内が乾燥しやすくなります。
これは虫歯やインプラント周囲炎のリスクを増加させます。

 

『6. 免疫力の低下』

タバコの有害物質により免疫力が低下し、インプラント治療後の感染症リスクが高まります。

喫煙はインプラント治療の成功に大きな障害となる可能性があるため、治療を受ける方は、禁煙を検討することが推奨されます。
禁煙はインプラント治療の成果を高めるだけでなく、全体的な健康改善にも寄与します。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

青山一丁目駅から徒歩1分の歯医者・歯科
全ての患者さんを家族と想う青山の総合歯科医院
『青山一丁目麻布歯科』
住所:東京都港区赤坂8-5-32 田中駒ビル1F
電話:03-6434-9877

投稿日:2024年1月25日

お口に関する症状・お悩みはお気軽にお問い合わせください

お電話かネット予約でご予約をお取り下さい。
可能な限り事前にご連絡頂けますとお待たせせずに診療にご案内できます。
※緊急治療が必要な場合は、状況を見て対応します。

メディカルドック Epark