糖尿病患者はインプラント治療可能なの?

糖尿病患者はインプラント治療可能なの?

 

糖尿病患者はインプラント治療可能なの?

青山一丁目麻布歯科です。
本日は糖尿病患者がインプラント治療を受ける際には、特別な注意が必要です。治療は可能ですが、糖尿病に伴う特有のリスクが存在します。ここでは、これらのリスクと対策について詳しく説明します。

 

1. 感染のリスク

インプラント治療時の歯肉切開や骨への穴開けで感染リスクが生じます。糖尿病の影響により、免疫力の低下により、感染リスクやインプラント周囲炎のリスクが増加します。

 

2. 血流の問題

血流が低下し長期の高血糖による血管へのダメージがあります。血流悪化は傷の修復を遅らせ、治療期間の延長に繋がります。

 

3. 骨の健康

糖尿病は骨の分解を促進し、新しい骨の形成を遅らせます。顎の骨量減少はインプラントの安定性を低下させ、脱落リスクを増加させます。

 

4. 低血糖の危険性

治療後の食事制限が低血糖を引き起こす可能性があります。低血糖症状への対応が必要で、糖尿病であることを治療医に伝え、適切な対応を取ることが重要になります。

 

5. まとめ

糖尿病患者でもインプラント治療は可能ですが、感染リスク、血流の問題、骨の健康、低血糖の危険性などのリスクを十分に理解し、適切な準備とフォローアップが必要です。
血糖値の良好なコントロールが、安全な治療につながります。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

青山一丁目駅から徒歩1分の歯医者・歯科
全ての患者さんを家族と想う青山の総合歯科医院
『青山一丁目麻布歯科』
住所:東京都港区赤坂8-5-32 田中駒ビル1F
電話:03-6434-9877

投稿日:2024年6月12日

お口に関する症状・お悩みはお気軽にお問い合わせください

お電話かネット予約でご予約をお取り下さい。
可能な限り事前にご連絡頂けますとお待たせせずに診療にご案内できます。
※緊急治療が必要な場合は、状況を見て対応します。

メディカルドック Epark 渋谷区広尾の歯医者は広尾麻布歯科 港区麻布の歯医者は愛育クリニック麻布歯科ユニット