先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)

先天性欠如歯の早期発見が重要!

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)とは

先天性欠如歯

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は、通常の歯の数よりも少ない状態を指します。一般的に、乳歯は20本、永久歯は親知らずを含めて最大32本あります。しかし、近年、永久歯が生えない先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の方が増加しています。日本小児歯科学会の調査によると、全国の7歳以上の子ども約1万5,000人のうち、10人に1人の割合で永久歯が生えない子どもがいることがわかりました。乳歯が抜けない、6歳臼歯が生えてこないなどの症状が見られる場合は、早めに歯科医院を受診することが重要です。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は、本来生えるべき永久歯が欠如している状態を指します。親知らずを除けば、永久歯は通常28本ですが、その一部が生えてこない場合に先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)と言います。乳歯の下には将来永久歯になる歯胚(しはい)がありますが、何らかの原因でこの歯胚が形成されないと永久歯が生えない状態になります。すべての歯が欠如している場合は無歯症とも呼ばれます。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の原因とリスク

永久歯が欠如している場合

先天性欠如歯

永久歯が生えない場合、乳歯をできるだけ長く保つことが推奨されます。個人差はありますが、20代から30代まで乳歯が残っているケースも見られます。しかし、乳歯は永久歯に比べて根が浅く、虫歯になりやすいなど歯質が弱いため、一生残すことは難しいです。

乳歯が抜けてしまった場合

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の部位で乳歯が抜けてしまうと、一般的な欠損歯と同じ状態になります。その結果、隣接する歯が欠如部分に倒れ込むことがよくあります。歯が欠けた状態が続くと、隣の歯が欠如部分に向かって倒れたり、対合する歯が伸びてきたりして、歯並びや噛み合わせが悪化することがあります。これが原因で顔や顎の変形や骨格の歪みが生じる可能性があります。最悪の場合、支えを失った歯や伸びてきた歯が抜け落ち、欠損本数が増えることもあります。虫歯や歯周病で歯を失う場合と同様に、先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)で乳歯を失った場合も、早めに欠損治療を受けることが重要です。特にお子様の場合、歯並びの悪さが成長や発音、呼吸に影響を与える可能性があります。定期的にチェックを受けるために、信頼できる“かかりつけ歯科”を持つことをおすすめします。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の発生原因

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は、永久歯のもととなる歯胚(しはい)が何らかの理由で形成されないことで発生します。原因は完全には解明されていませんが、以下のような要因が関与していると考えられます。

  • 遺伝
  • 歯の発育期における栄養障害
  • 感染症
  • 外傷
  • 放射線障害
  • 内分泌障害
  • 風疹の感染
  • 母親の妊娠中の栄養障害や梅毒

これらの要因が複雑に絡み合い、歯胚の形成が阻害されることで、先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)が発生すると考えられています。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の発生確率

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は、歯が部分的に欠如する「部分性歯牙欠如症」と、すべての歯が欠如する「全部性歯牙欠如症(無歯症)」の2種類に分けられます。この状態がどの程度の頻度で見られるかについては、2010年11月に行われた日本小児歯科学会の調査結果に基づき、約10人に1人の割合で発生するとされています。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の発生部位

先天性欠如歯

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は、特定の歯が欠如しやすい部位があります。乳歯では上下顎の乳側切歯(前から2番目の歯)が最も欠如しやすいです。永久歯では、上下顎の第三大臼歯(親知らず)が最も欠如しやすく、次いで上顎側切歯(前から2番目の歯)や上下顎の第二小臼歯(前から5番目の歯)、下顎中切歯(前から1番目の歯)が欠如しやすい部位とされています。反対に、第一大臼歯(前から6番目の歯)が欠如することは稀です。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)が発生した場合の影響

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)が存在すると、周囲の歯にさまざまな悪影響を及ぼすことがあります。長期間にわたって歯が欠如していると、隣接する歯が欠如部分に倒れ込んだり、反対側の歯が伸びてくることがあります。これにより、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 咀嚼障害:食べ物をうまく噛むことが難しくなる。
  • 歯列や顔貌への影響:歯並びや顔の形に変化を及ぼす。
  • 発音障害:正しい発音が難しくなる。
  • 顎関節への影響:顎の関節に負担がかかり、痛みや不快感が生じることがある。

これらの問題は日常生活に大きな影響を及ぼす可能性があるため、早期の対応が重要です。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の早期発見の重要性

先天性欠如歯

幼少期からの定期的な歯科検診は、先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)を早期に発見するために非常に重要です。この状態は、かかりつけの歯科医院や学校の歯科検診で指摘されるまで、本人や保護者が気づかないことが多いです。早期発見を目指すには、信頼できる歯科医院を見つけ、定期的に診てもらうことが欠かせません。歯科医院では、レントゲン撮影を通じて歯の生え変わりや顎の骨の状態を確認し、口腔全体の健康をチェックできます。定期的な検診は、歯の生え変わりを予測・観察し、全体的な口腔の健康維持に役立ちます。

特に、乳歯の前歯に癒合歯(2つの歯が1つになっている歯)が見られる場合や、奥歯が乳歯のまま残っている場合、または両親のどちらかに先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)がある場合は、そのリスクが高まります。加えて、乳歯がなかなか抜けない、あるいは永久歯が生えてこないといった状況も、先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)を疑うべきサインです。

日常から自身の歯に対する関心を持つことも、早期発見の一助となります。先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)は長期的な治療計画が必要になることが多いため、「おかしいな」と感じたら早めに歯科医院を受診することが重要です。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)への対策

先天性欠如歯

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)の場合、乳歯が本来の寿命を超えて残っていると、虫歯になりやすく、進行も早いため将来的に歯を失うリスクが高まります。そのため、乳歯を残す場合は定期的なケアと管理が重要です。

乳歯が抜けてしまった場合には、次のような治療方法があります。

  • 補綴的治療:ブリッジ、インプラント、入れ歯などで欠如している歯を補います。
  • 矯正治療:矯正により欠如部分のスペースを閉じる治療です。永久歯の先天性欠如(永久歯が生えない/大人乳歯)が6歯以上の場合、保険適用となります。

先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)に適切に対応することは、安定した噛み合わせを維持し、しっかりと噛める歯を作るために必要です。「もしかして先天性欠如歯(永久歯が生えない/大人乳歯)かもしれない」と感じたら、ぜひ当院にご相談ください。

お口に関する症状・お悩みはお気軽にお問い合わせください

お電話かネット予約でご予約をお取り下さい。
可能な限り事前にご連絡頂けますとお待たせせずに診療にご案内できます。
※緊急治療が必要な場合は、状況を見て対応します。

メディカルドック Epark 渋谷区広尾の歯医者は広尾麻布歯科 港区麻布の歯医者は愛育クリニック麻布歯科ユニット